地元関西のデリヘル初体験記

地元関西のデリヘル初体験記

投稿日:2015年4月1日 カテゴリ:風俗のうわさ

二十代の中ごろの話ですが、やっぱり関西に限らず日本全国の男子はその頃が一番盛んな時期だと思うんですよね。自分もそうでしたから、風俗と言うものが高根の花のように感じながらも、地元関西で一生懸命バイトして風俗に通う為の資金を貯めていたりしました。五万円程貯まった時にこれなら関西で高級な所に行けると思って、情報誌で広告をあさり、その中で五万円で間に合う店を選び、飛び込んだものでした。電話を掛ける手も震えて、緊張のあまりたどたどしい日本語で予約したのを覚えています。自分にとっての初めてのデリヘルは何をされるのか、何をどこまでしていいのか分からずに、嬢に身を任せて全て嬢のペースでプレイしたと思います。何度もイカされて、時間になった時には放心状態だった事を思い出しますね。今ではデリヘルもオキニを作って定期的に楽しんでいますが、ふとあの頃を思い出すような嬢に会えたので、懐かしく思い出してみました。あの頃の嬢はもう引退してるかもしれないな。